癒しとジャズとバーボンと……

アクセスカウンタ

zoom RSS 登川誠仁、初の本格的ベスト盤

<<   作成日時 : 2007/02/28 05:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 沖縄に入れ込むと、風土や食はもちろんですが、音楽に行き着く。三線の音と音階を耳にすると、心が揺すぶられる。ジャズではないが、私個人としては広義の意味で、ジャズに通じるものを感じます。その大家、登川誠仁さんが、ベストアルバム「ザ・ベスト・オブ・登川誠仁 1975〜2004」をリリースしました。

 「沖縄のジミー・ヘンドリックスと形容される…」。書かれた帯を見て、クスリとしましたが、必ずしも大げさではない。
 20代から一線で突っ走ってきた実力。背景に負った歴史。しかし、それらをまったく感じさせない気負いのなさ。

 テーゲーの世界で、演奏と歌を楽しみ、77歳にして、洒落っけを失わない。通称「セイ小」さんの音楽には、ずんずんと引き込まれるだけの力強さと、対照的な哀愁が常に存在している。

 21曲。あらためて聴いて、その偉大さを痛感させられた。

 アマゾンのカスタマーレビューでは、極めて厳しく書かれている方もいるが、私は「緑の沖縄」を1曲目にもってきたこと、近年の録音が多いことで、何ら登川誠仁の存在意義が、変わるものではない、と思っている。
It’s only セイ小~ベスト・オブ・登川誠仁 1975~2004
It’s only セイ小~ベスト・オブ・登川誠仁 1975~2004

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
登川誠仁、初の本格的ベスト盤 癒しとジャズとバーボンと……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる