アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「癒し」のブログ記事

みんなの「癒し」ブログ

タイトル 日 時
銀河鉄道
銀河鉄道  久しぶりにブッカーズのオンザロックを飲みながら、書いています。 単身赴任の仮住まい。マンションの一室なので、お店のように陰影をつくりだす照明も、話し相手をしてくれるマスターもいませんが、とりあえずジャズを聴きながら口に含むバーボンは、旨いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/24 21:23
待ってます!ジム・ホール
待ってます!ジム・ホール  楽しみにしていたジム・ホールのコンサートが延期になりました。78歳。プロモーション担当者の方の話によると、持病の腰痛が悪化した、とのこと。  驚いたのは、今回の日本公演で、ジム・ホールが「アランフェス協奏曲」の演奏を予定してるそうです。 自分で確認したわけではありませんが、その方の話では、76年の日本公演以来32年ぶり。そのためジム・ホールは、今回の来日用に特別なアレンジを準備しているそうです。  75年、チェット・ベイカーらを招いて発表され、大ヒットとなったアルバム「アランフェス協... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/22 18:40
甲斐の国から
 無精者です。  これだけ長期間、更新していないので、読者は「自分」というつもりで(反省しつつ)、書き始めます。  思いついたままです……。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/29 00:06
髪が売れました
髪が売れました 髪の毛が売れました。娘が(無精で)伸ばしていたのですが、バッサリと切りました。某化粧品会社の研究所に勤務している私の妹が、染色・パーマなし、段カットなしの長髪は、研究試料として「貴重」ということで、かなり高額で引き取っていきました。クリスマスが近いので、髪を売る=金時計の物語を思い起こしました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/12/08 02:55
ヨイトマケの歌
ヨイトマケの歌  韓国に行ってきました。仕事です。ホテルのブレックファーストも味気ないので、近くのお粥屋に。注文した海苔と牡蠣の粥が写真の一品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/11/04 22:55
止まり木で美酒を
止まり木で美酒を  最近、酒量を減らしつつあるのですが、どうしても足がバーへと向かってしまうことがあります。大好きな店で、目にしてしまったがために完全に「ツボ」を突かれ、酔った勢いでキープ。旨いんです、この酒が…。   ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/22 03:01
寝る前にマーカス・ミラーと…
 こじんまりとした家ですが、風呂が少し大きくなったので、湯船につかるのが夜の楽しみです。最近、寝る前にはDVDを観ることが多いのですが、本を読むときに聴く中でお気に入りなのが、マーカス・ミラーの「FREE」です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/17 23:32
悔しいけど、寺島レコード
 国内でジャズを論評する「著名人」は、どうしてこうも少ないのでしょうか。書店でも同じ名前の本を何冊も目にします。寺島靖国さんも、その一人。吉祥寺のジャズ喫茶「メグ」の店主ですが、このたび、とうとう?自らのレーベル「寺島レコード」を立ち上げられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/10/13 15:45
「ブランク」
 4カ月以上、更新ができませんでした。ドクターに言わせると、引越しによって精神的に不安定になることもある、とのことでしたが、自分では「そうかなあ」と感じています。メタボのため、バーボンは控え気味ですが、ジャズは聴き続けています。今日、大西順子さんのソロライブに行ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/12 23:59
「ギザギザ」はバブルの再来か
 飛んできました、東京上空。私のちゃんぽん九州弁でいうと「えーら(どえりゃー、まうごつ)、かわっとったい!!」。もともとビル林立の首都ですが、やはり、あちこちが「ギザギザ」と…。 これは、バブル再び、といえるのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/05/01 00:46
東京を見てやる!!
 九州での生活が長かったせいでしょうか。最近の東京の変貌ぶりは、驚くばかりです。汐サイト、ミッドタウン、新丸ビルをはじめとした東京駅周辺の再開発。少し前になりますが、ヒルズはもちろん、次々と建っていく高層マンション。ラーメン店が集まった一方で、新幹線駅の新設後、雰囲気を大きく変えた品川一帯…。たまたまですが、本日、ヘリコプターに乗る機会があり、上空から東京を見てきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/26 00:49
ジャズの入り口
 ♪サラリーマンとは気楽な稼業ときたもんだ…。そのつもりでいたのですが、年度がわりに猛烈な忙しさ(単に私のさばきの悪さ?)に遭遇し、更新が途切れてしまいました。そういえば、クレージーキャッツもドリフターズも、もとはジャズバンドですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/04/25 02:00
 最近、新聞で全国の地方版を読んでいます。私が大好き、ということだけではなく、日本人にこれだけ大切にされている花はないですね。、富山では、かつて米ワシントンに日本から送られ、ポトマックから「里帰り」した桜を、市の公園に植樹した、という記事が掲載されていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/04/04 01:02
斎藤ネコはニャンと鳴く
 録画していたNHKの深夜番組「椎名林檎のお宝ショウ@NHK」を観ました。4ビートで歌っていました椎名林檎が。ベースにはバカボン鈴木さんの姿も…。「デビューしたときから、ギャップを感じていた」「2枚目のアルバムまでは、高校生の時の作品で、その時の自分との間に差があった」「看板ひとつでイメージをつくりあげて曲をつくっていた。たとえば歌舞伎町とか…」「自分はクリエーターではないと思う」。また九州びいきになりますが、福岡出身で、歌詞の中にも「室見川」など、地元の地名を織り込んでいた彼女が、「新宿系」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2007/03/31 01:54
CD化の「功罪」
 我が家は決して裕福ではありませんが、CDが増え続けています。当然、私のジャズ好きに起因しているのですが、元来50年代、60年代にひとつの黄金期を迎え、LPレコードを中心としてきたジャズにとって、CD化というのは、ファンにとっても、販売する会社にとっても、さまざまな「思惑」と激動をともなうものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/03/30 01:33
身捨つるほどの 祖国はありや
 寺山修司です。「名言集」と題して、PARCO出版から本が出ました。「ジャジー」の概念は、難しいと思うのですが、その時代の「空気」を醸し出すものであったり、型を破るものであったり。また、耳にすること、読むことで、理由なく、そこはかとない郷愁や哀愁、感慨を覚える。そんなものも含んでいる。この一冊はどうでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/03/26 05:34
声を出す「快感」
 「癒し」のひとつに、声を出す、ということがあるように感じます。楽器の練習同様に、大声を発する機会というのは、この歳になってくるとなかなか難しいのですが、学生時代に経験した芝居や詩吟を思い起こします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/03/12 07:02
センチメンタル・ジャーニー
 ここ2週間ほど、精神的にも肉体的にもきつい日々が続きました。新年度を前に、仕事の大幅な改編でスケジュール的に追われていたこともありますが、「心の風邪」がぶり返したのではないか、と感じるほど、気持ちが低空飛行を続けていました。今も、忙しさに変わりはありませんが、ちょっと救われたのは、銅版画家の山本容子さんが出版された「山本容子のジャズ絵本 Jazzing」を手にしたからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2007/03/07 00:11
登川誠仁、初の本格的ベスト盤
 沖縄に入れ込むと、風土や食はもちろんですが、音楽に行き着く。三線の音と音階を耳にすると、心が揺すぶられる。ジャズではないが、私個人としては広義の意味で、ジャズに通じるものを感じます。その大家、登川誠仁さんが、ベストアルバム「ザ・ベスト・オブ・登川誠仁 1975〜2004」をリリースしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/28 05:57
ヅカでジャズを考える
 私が足を踏み入れたことのない世界に「ヅカ」=宝塚があります。知人で熱心なヅカファンがいるので、一度は観てみたいと思ってはいるのですが、機会を逸してきました。ところが、一昨日届いた「ぴあ」の公演情報で、ヅカがジャズをやっていることを知りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/28 05:24
「酸素」を吸って、ケルティックウーマン
「酸素」を吸って、ケルティックウーマン  最近、コンビニでも「酸素缶」を見かけるようになりました。駅伝やマラソンのゴールで、選手が吸っている、あれですが、ラベンダーやレモンなどの香りがついて「癒し」グッズとして販売されています。会社の同僚が持っているのを拝借し、スーッとやってみました。悪くはないが、微妙〜ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/27 07:14
直立猿人はいいんかい?
直立猿人はいいんかい?  久しぶりにバーボンのクレメンタイン8年を飲みました。ラベルに女性の顔というのは、比較的珍しい。もっとも、開拓時代に悲劇的な最後を遂げた伝説の人がモデルなので、日本人ならラベルにしないかな、などとも考えます。味は、バニラ風味がやや強めで、その分まろやか。101プルーフ(アルコール50.5度)ですが、飲みやすいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/22 22:32
「HOPE」
 つい先日、秋吉敏子さんのソロコンサートにいきました。活動60周年。なによりも感動的だったのは、演奏中に蹴り上げる「足」を目にした時でした…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/02/19 01:05
やっぱりフグが好き(2)
 関西出資の「玄品フグ」の経営問題がニュースになっていました。またまたフグの話で恐縮です。フグの現状は激変しているのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/13 01:31
どうしたんだ!アレキサンダー
 日本のジャズ界は、ジャズをどうしたいのでしょうか。昨年末発売され、積んどく状態だったエリック・アレキサンダーの新作「ジェントル・バラッズU」を聴いて、ショックを受けてしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/11 06:45
やっぱりフグが好き(1)
 「マスター、ひれ酒」。「かしこまりました」。カウンターで手際よく陶器の蓋をかぶせ、数秒の後、開けると同時にマッチの炎をボッ…。再び蓋をして、さりげなく、「さ、どうぞ」。  バーボンばかり飲んでいて、ふと気づくと、この冬は「ひれ酒」を口にしていないぞ。  「やっぱりフグが好き」なのに…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/08 05:38
癒しのピアニスト
 本日、気持ちが萎えております。  こんな時、聴きたいピアニストに岩崎大輔さんがいます。 「ジャズピアニスト」として、その繊細な音に触れました。しかし、活動の幅をどんどんと広げられ、特定のジャンルを超えた領域へと進まれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/07 06:42
吉田カバン
吉田カバン  販売戦略がうますぎます!!ところが私の世代にとって吉田のバッグは、郷愁とともに受け入れてしまうのです。創立70周年で、登場の場も一段と増えましたが、昔からのファンにとっては、「あの頑丈な」吉田カバンを持つことで、気持ちが落ち着くところがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/02/04 23:12
葦について人間は考えるべきである
 初めに断っておきますが、理屈っぽい話です。「人間は考える葦である」と言ったのは、フランスの哲学者であり数学者でもあるパスカルですが、今回タイトルにつけた「葦について人間は考えるべきである」と感じたのは、挫折したテナーサックスを練習している時でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/03 22:57
ごはんができたよ
 録画していたBSを観ていた(聴いていた)ら、ボトル半分ほど残っていたバーボンが空になってしまいました。今回のタイトルは、矢野顕子さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

2007/01/30 02:22
また、やっちゃいました…
 CDをアマゾンで購入すると、必然的に家族の目にさらされるので、中身はともかく、「あ、また買っている」と思われることが歯止めとなって、注文する際にも遠慮がちになるのですが、やってしまいました。インパルス、バーブの紙ジャケが売っている…うにゅうにゅ…。近づくまいと思っていた、会社近くの山野楽器に、つい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/01/28 23:51
「歌姫」3年ぶりの新譜
「歌姫」3年ぶりの新譜  ノラ・ジョーンズのニューアルバム「ノット・トゥ・レイト」が発売されました。デビュー当時は、ジャズに分類する見方もありましたが、客観的な評価は、すでに超越してしまっていますね。早速、聴いてみましたが、やはり、ノラでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/01/26 05:29
「爆弾酒」に酔いしれて
「爆弾酒」に酔いしれて  仕事で韓国に行ってきました。決め付けてはいけないのでしょうが、あちらの方々は、酒が強い!。「爆弾酒」。ビールの中にウイスキーをショットグラスごと入れ、一気で飲む。飲み終わったあとに、グラスを振って、「カラカラーン」と音をさせてから、ご返杯。沖縄・宮古島の「お通り」を思い出しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

2007/01/22 13:30
米+仏
 TVをボーっと観ていたら、15日深夜(16日未明)にNHKのBSで映画「死刑台のエレベーター」を放送するとか。ジャズ好きの方にとっては、バックに流れるマイルス・デイビスの演奏と映画からカッティングしたジャケットが印象的なサントラ盤(タイトルもそのまま)「死刑台のエレベーター」は、あまりにも有名ですが、フランス映画という点で、あえてサントラに参加しているフランス人サックス奏者、バルネ・ウィランのアルバムが聴きたくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 21:06
同名って難しい?
 兵庫県の英知大学が学校名を変更する、というニュースが新聞に掲載されていました。理由は「エッチ大」と学生がからかわれることと、検索サイトで名前を打ち込むとアダルト系で同名の某出版社が上位に出てくるから、とか。またまた「無理やり結びつけ」と思われるかもしれませんが、思い浮かんでしまったのです。そういえばジャズ界でも。「ビル・エヴァンス」…… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/13 19:57
縁は異なもの…
縁は異なもの…  人との縁は大事にしたい。 今までももちろんですが、ブログを始めて、再認識したことです。  究極の話をしてしまうと、書き続けることが難しくなると思いますが、「癒し」にとっても、 人とのつながりが、「一番手」という気持ちがします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/01/10 00:12
乾電池直列200本の「こだわり」
音楽を聴くうえで、欠かせないのが音響機器。 この「音響」の世界、洞窟をさまようように果てしない奥深さがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/01/06 04:42
アロマの癒し
 アロマは、ごく一般的になってきました。 ただ、オイルを使ったマッサージをしてくれる店というのは、女性専用が多い。  私は、かつて知り合いのつてで、何度か体験したことがありまが、確かに「癒し」になりました。ただ、料金などを考えると、頻繁にというわけには、なかなか…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/01/03 22:28
ソニー プリーズ
ソニー プリーズ  「融合」「融和」。  今まで胸につかえていたものが、スーッと流れ落ちるような、とてつもない感動に浸っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 23:48
「命」
 今年の言葉として「命」が選ばれましたが、確かに生と死について深く考えさせられました。 しかし、このテーマは1年に限ったものではなく、常に意識させられます。  つい最近だけを振り返っても、青島幸雄さん、岸田今日子さん、ジェームス・ブラウン氏…。 いじめの問題は以前に書いたので、あえて繰り返しません。  サダム・フセインの死は、越年して波紋を広げそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/12/31 20:45
カウンターの隅、空いています
 バーのカウンターで、一番壁際の隅の席。実はどこよりも特等席なんですよね。 私は、好んでそこに座り、時々マスターと会話しながら、バーボンを飲むのが幸せです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/12/27 00:17
オールドに憧れて…
 オールド。サントリーの「だるま」も、若いころからよく飲みました。嫌いじゃありません。でも、同じサントリーなら角瓶が好きです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/25 00:00
センチメンタルムード
 若いころだったら、「オヤジのセンチメンタルな話なんか聞きたくないよ」と、一蹴していたでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/23 01:03
サカナ、好きです…
サカナ、好きです…  何が「癒し」になるのかは、人それぞれですが、ペットメンタルヘルスなどとも言われるぐらい、動物、生き物とのふれあいって、かなり効果的だと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/22 23:21
クリスマスに何を聴きますか?
 ジャズに限らず、各分野の音楽で、クリスマスは「最大級」といっていいテーマだと思います。が、いざ何を聴くか、と考えると、多すぎて悩んでしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/22 04:40
清流をたしなむ
 たまに飲みたくなるバーボンがあります。 たまにでありながら、どうしても飲みたくなる、濃厚な味わい。    エズラブルックス。確か「清流」「小川」をもとに名づけられた、名門蒸留所の一品。 熟成年数によって味わいは変わりますが、せっかく飲むのなら、「深い」のがいいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/21 06:33
えーい!寒いぞ
 これが冬なんですよね。寒いです。 で、脈絡はないのですが、植草甚一さんの本を読み返してみました。「ぼくの読書法」。  再販された全集のうちの一冊です。  J.Jと呼ばれて、ジャズの世界でもその名をとどろかせている植草さんですが、実はジャズを聴き始めたのは、確か60代ぐらいからなんですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/20 02:07
逃げは、卑怯ではない
 鴻上尚史氏が、いじめについて新聞で、「逃げていいんだ」ということを書いていました。 私もまったく、同感です。人間、逃げたいときは、とことん逃げたらいい。そう思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/12/17 04:53
ジャズは読むものなのか…
 CD以外に、部屋中を占拠しているんです。  ジャズ本が。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/16 07:28
考えさせられること…
 井筒監督が「パッチギ」の続編を制作するそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/15 01:07
しんみりと飲める曲
 街中にクリスマスの電飾があふれかえっていますね。 こういう時、かえって「ふとした」寂しさ、を感じることってありませんか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/12/13 23:49
え!!山中千尋がベース??
 昨夜、聴いてきました。山中千尋トリオ。 最新アルバム「ラッハ・ドッホ・マール」で、一段と力強く、表現豊かになった印象を持っていましたが、やはり、「実力、あり」という感じですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/12 23:22
村上春樹と村上龍
 この2人、しばしば比較されて登場するので、いささか食傷気味かもしれませんが、ジャズつながりで、あえて…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/10 05:52
「ちぐさ」の思い出
 横浜・野毛のジャズ喫茶「ちぐさ」。 近く閉店のニュースが新聞に掲載されました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2006/12/08 01:16
どこまで行く、ハービー!
 聴いてきました。久しぶりのハービー・ハンコック。 熟成の域でありながら、「攻め」の姿勢ですね、相変わらず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/07 00:46
じいさんを追い求めて
 バーボンではありませんが、かつて日本人が免税店で買う酒の代表選手といったら、ナポレオンかオールドパー、だったのではないでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/03 02:44
消えの”美学”
 いきなり深刻な話から切り出しますが、「消えたい」と感じることは、精神医学的には、 「うつ」症状の一番重い状態になります。  もちろん、この場合の「消えたい」は、この世から、という意味です。 私が、このブログに「癒し」というタイトルをつけ、キーワードにしばしば「うつ病」という言葉を入れているのは、メンタルな部分について、書きたいと思っているからです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/01 03:59
赤い誘惑
 と、いっても山口百恵のドラマではありません。(古すぎますか…)。 メーカーズマーク。代表的なバーボンです。最もポピュラーなタイプは「レッドトップ」と呼ばれ、 赤い蝋で、封印されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/11/27 04:12
バーボンの蝋
 ちょっと間があいたので、ロリンズとコルトレーンの話はしばし「置いといて」。 今晩は、バーボンについて少々。    以前にも書いたように、バーボンはトウモロコシを主原料とするウイスキーで、その独特の「クセ」は、好みが分かれるところではありますが、好きになると、まさに「クセ」になります。  米国・ケンタッキー州の狭いエリアに有名な酒蔵元がそろっていることも、すでに書きましたが、それぞれは決して規模が大きいわけではなく、製造にあたっている人も限られています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/11/23 22:05
ロリンズとコルトレーン(1)
 ジャズの魅力のひとつは、同じ楽器でありながら、演奏者によって音色やトーン、味わいが異なることにあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/18 03:21
山中千尋のチケット入手
 大阪の通天閣のたもと。 って、ジャズと関係あるの?と言われそうですが、これがジャズ界を揺るがすほどの(大げさですか…)衝撃の発信源となったのは、それほど前のことではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/16 22:48
コンプリート派ですか?
 ジャズにはまると、CDが増えます。 当たり前のことなんですが、財布と心に「リミッター」がないと、切りがなくなります。  ジャズ好きの人には、あくまでもLPにこだわる人が数多くいます。もちろん、50年代、60年代に発売されたものを、そのまま手に入れようと思えば、当然レコードになるわけで、ジャズ喫茶といえばレコード盤。針を置き、「ジャリジャリ」という音が混じるのを「ジャジーだねえ」と感じる気持ちは、実は私にもわかる部分があります。正直なところ…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/11/16 01:48
こんな静かな夜は…(2)
 前回、話が横道にそれてしまったので、今回はタイトルに合わせて、ジャズについてです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/14 03:35
こんな静かな夜は…
 初めてトラックバックをつけてもらったので、あえて一言、二言。 上野樹里さんももちろんですが、若手の女優、俳優についてあまり語りすぎると、「なに言ってるんだ、このオッサン」と言われてしまう年齢なので、詳しくは知りませんが、演技力のある魅力的な人は多いですね。  話がまったくジャズと離れて恐縮ですが、「トリック」というドラマにすっかりはまり、そこで3枚目的な演技もこなす仲間由紀恵さんが、そのキャラクターを残しつつも、大河ドラマの「功名が辻」の主演で見事な演技。もともと歌手としてデビューしたよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/12 01:18
「のだめカンタービレ」といえば
 月9ドラマになっていますが、「のだめ」役の上野樹里さんが少々以前に主演した「スウィング ガールズ」は、お勧めです。  ジャズを難しく語る気はしない。ジャズを難しく受け止めてもらいたくない。少しでもジャズにっ興味をもった方がいらっしゃれば、ぜひいろいろなアーティストの曲を聴いてもらいたい。よって、固有名詞や曲名などは後から覚えたければ覚えればよいもので、とりあえずは気分よくジャズを聴くことができれば、それが一番。と、いうのが持論なのですが、ついつい具体的なミュージシャンを題材に語ってしまうこと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/10 22:34
「地球氷」でゆっくりと
 個性豊か、を通り越して正に天才、といえるピアニストのセロニアス・モンク。 数多くの名曲を世に送り出した彼だが、そのうちの1曲「ストレート・ノー・チェイサー」をバーで耳にすると、飲み方に格好をつけたくなる。  チェイサーは、ストレートなどアルコールの強い酒と一緒にでてくる水のこと。最初から水割りにすれば、という意見もあろうが、「水割り」という飲み方は、もともと日本独自のものだったと聞いたことがある。  もっとも、最近では、シングルモルトなどのうち、いわゆる「上質な酒」をより旨く飲むには、氷... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/08 19:37
女性に贈るのは、エヴァンスか?
 ジャズを聴きたい、と思った人に、最初に何を薦めたらよいのか。 これは、とても難しい。  私の先輩で、ある女性の誕生日にピアノのビル・エヴァンス(テナーサックスにも同名のアーティストがいる)トリオのアルバムをプレゼントしていた人がいた。  タイトルは「ワルツ・フォー・デビー」。 フォービート(4拍子)が多いジャズの中では3拍子のワルツは「変拍子」扱いになるが、彼の代表的なアルバムで、タイトル曲も、とてもかわいらしく聴きやすい名曲だ。  エヴァンスとスコット・ラファロ(ベース)、ポール・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/05 19:12
バーボンはオンザロック、ダブルで…
 酒…何でも飲みます。  「とりあえず」ビールも、焼酎でもウイスキーでもジンでも。  その中で「一番好きなものは?」と聞かれれば、「バーボン」と答える。  もちろんバーボンもウイスキーのひとつの種類だが、トウモロコシを主原料にした、あのちょっとクセのある味にはまると、やめられない。  特に、ジャズを聴きながらのバーボンは最高。オンザロック、そしてつい、「あ、ダブルで」と注文してしまう。  米国ケンタッキー州の狭いエリアに、大半の製造元が集中しているバーボンだが、種類は多く、奥も深い。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/11/04 06:18
20歳の矢野沙織
 30日に浜離宮朝日ホールで矢野沙織の演奏を聴いてきた。「27日に20歳になりました」。なぜ彼女がチャーリーパーカーからジャズに入ったのか、不思議な気持ちになる。  ニューアルバム「Groovin Hjgh」のツアーなので、当たり前といえば当たり前なのかもしれないが、アルバムと同様にスライド・ハンプトン、ジェームス・ムーディー、ランディー・ブレッカーが脇を固める。というよりも、まさに日本のレーベルの興行のなせるわざなのだと思うが、彼らは20歳の矢野沙織を、まるで「孫」を見るようにやさしく包み込... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/01 22:48
ケースの中のテナー
 部屋の片隅に置かれたままの茶色いケース。中にはテナーサックスが入っている。  もう、どれぐらい開けていないのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/24 22:00
一番好きなアーティスト
 ジャズって、「理屈」や「知識」にこだわると、本当につまらなくなってしまう。 その意味では、ブログのトップに書いた通り、とりたてて曲名やプレーヤーの名前を知らなくても、通りすぎるように音楽を聴きながら、心地よくなれれば、それ以上に求める必要はない、と断言してしまう…。  ただ、もしも酒に酔いながらでも、気持ちよくサウンドがこだまするように感じられて、「あ、この音、もう少し聴いてみたい」とか、「この曲を別の人が演奏したら、どうなるんだろうか」などと思うことがあれば、むしろ、知ろうとするほうが自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/24 01:23

トップへ | みんなの「癒し」ブログ

癒しとジャズとバーボンと…… 癒しのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる