癒しとジャズとバーボンと……

アクセスカウンタ

zoom RSS 甲斐の国から

<<   作成日時 : 2008/06/29 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 無精者です。
 これだけ長期間、更新していないので、読者は「自分」というつもりで(反省しつつ)、書き始めます。
 思いついたままです……。

 今春、会社の異動で山梨・甲府に住むことになりました。初めての単身赴任です。
盆地は、熊本以来。夏、蒸し暑くて、冬、寒い。久しぶりの感覚を味わっています。自然は豊か。ワインに果物……良いところです。バーボンとは縁が遠いですが。

 ジャズの良さは、どこに移っても、あらためて感じます。
つい最近、山梨で44年間、活動を続けているアマチュアのビッグバンドの練習にお邪魔しました。
全国的にも最古参のバンドではないでしょうか。バンドリーダーいわく「限りなくプロを目指すアマチュア」というそのバンドに、昨年、創立以来初の女性プレイヤーが参加したというのです。

 小学生のころから吹奏楽でトランペットを吹いていた彼女と話をしました。
「カウント・ベイシー、グレン・ミラーが目標」と言っていたバンマスが、なぜ、彼女をメンバーに加えたのか。
直接、話をしてよくわかりました。

 長年続けた吹奏楽を離れてまでジャズにひきこまれた彼女は、とはいえすでに1年以上、ビッグバンドでジャズに取り組んでいるのです。ところが、「好きな曲は?」「……」。「目標にするトランペッターは?」「……」。
「先輩」の男性メンバーからジャズのCDを借りて、聴き続けてきた、という彼女は「ジャズが好きなんです」と、目をきらきらさせていました。

 愚問を繰り返していた我が身を恥じました。彼女はジャズが好きなだけで、アーティストや曲目にこだわっているわけでは、ないのです。
 私も、これまで、聴いていて気持ちの良い音楽がジャズであれば、それを誰が演奏しようが、曲名が何であろうが、いいじゃないか…という主張を繰り返していたはずなのに。

 44年の歴史の中で、初の女性プレーヤーとして認められた彼女は、とても魅力的でした。

 山梨、悪くないですよ。

 で、話は変わりますが、ロリンズです。
日本公演は最後のはずだったのに、また来てくれましたね。
 東京国際フォーラムAの大ホールと同フォーラムCでの追加公演に、甲府から行きました。

 私のボキャブラリーでは、とても表現できないので、ただ感動した、とだけ書きます。
特に最終日のフォーラムCでの演奏は、アンコールに応えて2曲。ただただ、感謝です。

 ぼちぼちと、ブログ再開させてもらいます。

 ビッグローブで書いているので、とってつけたようになりますが、先日、携帯電話をN904iからN906iに機種変しました。ドコモ歴12年以上。NTT時代のショルダーフォン(肩からバッテリーをつるして、目いっぱい充電しても通話時間40分程度)から、仕事で使い始めました。Nにこだわり、新機種が出るたびに使用期間の短さから高い料金を払って更新を続けてきましたが、905を初めて見送り、906で購入。P、SHの人気を考えると、頑張れN。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして(^^*

ロリンズのコンサート、私は1日目の福島に行ってきました!!
私がジャズを好きになるきっかけになった方ですので、生ライブ、何が何でも行きたくて強行突破です。
あまりに憧れな人すぎて、実感がわかず、今では本当にライブに行ってきたのかさえ定かでない(おい)

サックスの音は本当にカッコいいですね
力強くもあり、とてもセクシー。
今気になっているミュージシャンは
グラント・スチュワート
この間生ライブを聴きました
エリックアレキサンダー&ハロルドメイバーントリオという豪華メンバー!
テナー2本は圧巻!
来月発売されるグラントの「リカードボサノバ」というアルバム、予約してきました♪

突然長々と失礼致しましたっ
お仕事頑張ってくださいませね(^^*
junneisan
2008/08/06 10:20
junneisanさん

はじめまして!!

すっかり更新が滞ってしまっているブログに、コメントをいただき、感謝、感謝です。(更新への意欲ありありなのですが(;一_一))

 ロリンズ、私にとっても憧れ、尊敬という言葉すら当てはまらない気がするほど、とても大きな存在です。
 私もサックス(特にテナー)に、学生時代から惚れこみました。スチュワートの生に、エリックアレクサンダーですか!! アレクサンダーは、モンクコンペティションンで2位になり、マイナーレーベルからスタートした時から、輸入盤を買いまくりました。最近、日本の会社に誘導されるように、「売らんかな」の方向に進みつつあるのが残念だ、ということは以前、書いたことがありましたが、ぶっとい音は、魅力的ですね。
 スチュワートの新作、コメントを拝読し、即効で予約しました(笑)

 今後とも、どうぞよろしくお願いします。
しゅう
2008/08/07 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
甲斐の国から 癒しとジャズとバーボンと……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる