癒しとジャズとバーボンと……

アクセスカウンタ

zoom RSS 悔しいけど、寺島レコード

<<   作成日時 : 2007/10/13 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 国内でジャズを論評する「著名人」は、どうしてこうも少ないのでしょうか。書店でも同じ名前の本を何冊も目にします。寺島靖国さんも、その一人。吉祥寺のジャズ喫茶「メグ」の店主ですが、このたび、とうとう?自らのレーベル「寺島レコード」を立ち上げられました。

 私は、直接お話をしたことはありません。もっぱら、文章で寺島さんを知るだけです。大きな理由のひとつは、オーディオに猛烈にこだわっていらっしゃるからです。以前、書きましたが、私は極めてシンプルなセットでジャズを聴いています。値段の高いオーディオにほとんど興味がありません。大きなセットで聴きたければ、ジャズ喫茶に行けばいい。その意味では、ジャズ喫茶を経営されている寺島さんが、オーディオにこだわられるのを批判するつもりは毛頭ないのですが、生意気な言い方をすれば「相容れない」ということでしょうか。

 電源に執着して、自分専用の電信柱まで立ててしまった方ですから、半端ではありません。とはいえ、なんだかんだで寺島さんの著作は、ほとんど手元にあります。新著「疾風怒涛のJAZZオーディオ放蕩生活」も…。
 聴き方は人それぞれ、論評も人それぞれ。ましてや寺島さんのように、「著名」になると、その人が何を考え、何を書いているのかは、知っておきたい、という気持ちになります。

 女性ボーカルへのこだわり、ご自分の名前をつけた推薦盤シリーズの販売なども、正直なところ「ああ、そうですか」というところです。販売する業界の意向が強いのはよくわかるのですが、なんとなく「王様化」しているような感じがして、仕方がありません。

 ものすごくひねくれた文章になってしまっていますが、一方で、寺島さんの「お薦め」をきっかけにジャズを聴き始める人が増える、普及に貢献されている、という面では、「ばっさり」とはいかないんですよねえ。これが。

 その寺島さんが、自らのレーベル「寺島レコード」を設立されました。まさに「登りつめた感」がありますが、食わず嫌い、聴かず嫌いはいかんだろう、と思い、聴いてみました。

 第1弾は松尾明トリオの「アローン・トゥゲザー」。結論を先に言うと、とてもとても悔しいですが、悪くないです。

 ジャズを聴き続けていらっしゃる方にはどうか、という気持ちはありますが、とりあえず、ストレートでとてもわかりやすい曲をラインナップしています。これからジャズを聴こうか、という人には、耳ざわりが良いでしょう。

 ジャケ買い(ジャケットを見て買う)を誘うデザインも、かなり印象的。紙ジャケですが、スポンジ状の出っ張りにCDをはめ込むつくりも新鮮で、「うーむ」という感じです。

 で、肝心の音ですが、疾風怒涛の寺島さんですから、おそらく高級オーディオで聴いたら、とても歯切れが良く、心地よいサウンドを味わうことができるのだろうなあ、と思わせる出来。私のリーズナブルなセットやiPodでも、十分音の良さはわかります。

 まっこと自分でも屈折していると思いますが、結局は宣伝の片棒をかつぐんかい!!
 悔しいなあ…。

アローン・トゥゲザー
アローン・トゥゲザー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご無沙汰しておりました。

寺島氏の本に関しては、私も色々読みましたが 「いやー、そーだね」 と共感するところと 「何いってるのこのオヤジ」 といった両極端に感じる人ですね。 歯に衣着せぬ ・・・ といっても アレ? って思うこともしばしばです。

「寺島レコード」 ですか ・・・ 知りませんでした。
bluespapa
2007/10/17 10:17
bluespapaさまへ
お久しぶりです。多作でテーマが重なってくると難しい反面、その人の考えが色濃くでてきすよね。逃げるようですが、好き嫌いは読んだ人の判断次第ですね。
しゅう
2007/10/17 22:58
ご無沙汰してます。
私の寺島氏の印象は、雑誌の連載で読む程度でしたがbluespapaさんと同じように両極端でした。
寺島レコードが出たと言うのは聞いていたんで興味を持っていましたが、ちょっと一度聞いてみたほうが良さそうですね。
情報ありがとうございました。
miya
2007/10/27 08:52
miyaさまへ
寺島氏が相当、力を入れていることが伝わってくるアルバムです。それだけに、いかにも論評と同様に幅広いサウンドを「詰め込んで」きた印象が強い作品に仕上がっています。
一本、縦糸が通ることを求めるかどうかで、好みが分かれる部分はあるか、と思いますが、私としては、いろいろな「聴き手」の方がいることを考えると、思いのほか、好感を持ちました(アルバムとして)。もし聴かれたら、miyaさんの感想も、お聞かせいただけると幸いです。
しゅう
2007/10/28 22:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
悔しいけど、寺島レコード 癒しとジャズとバーボンと……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる