癒しとジャズとバーボンと……

アクセスカウンタ

zoom RSS ジャズは読むものなのか…

<<   作成日時 : 2006/12/16 07:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 CD以外に、部屋中を占拠しているんです。
 ジャズ本が。

 ジャズを聴き始めたころ、常々感じたことがあります。
音楽は読むものなのか、と。

 最初は常道「スウィングジャーナル」から入りました。
これが面白くない。知らないことが多すぎて。

 ところが、ジャズをどんどん聴きながら、読み続けていくと、「ああ、なるほど」
という、「分岐点」のようなものを、ある時、突然迎えるから不思議です。

 結果、毎月購入しているスウィングジャーナルは、捨てるに捨てられず、売る気にもなれず、書棚にならび、部屋の片隅に詰まれていくのです。

 今、ジャズ雑誌を主だったところで大きく分けると、「聴く」ことを重視したスウィングジャーナル。「演奏」することを前提にし、ライブ情報も充実している「ジャズライフ」(ある時期、出版社がかわって、なくなるんじゃないか、と冷や冷やしたものですが…)。

 さらには、その名の通り「ジャズ批評」。

 この3雑誌を、いずれも欠かさず購入しております。はい。
特に、スウィングジャーナルは、さまざまな別冊が発行されるので、増えます。

 もうひとつ魅力的なのは、カレンダー。月ごとに2種類のジャズプレーヤーの写真を盛り込んだ、ちょっと贅沢なつくりで、もちろん郵送を申し込めるのですが、私は昨年、一昨年とスウィングジャーナル社を訪れ、たった1部ですが、カレンダーを買ってきました。

 来年の分はどうしようか、考え中です。

 ジャズライフにも「ジャズホーン」というサックス好きにはたまらない別冊があります。(正直なところ)毎年、それほど大きく中身が変わるわけではないのですが、手に入れたくなってしまうんですね。これが。

 当然ですが、家族には不評です(笑)。
しかし、趣味は大切にしたいですよね。

Swing Journal (スイングジャーナル) 2006年 12月号 [雑誌]
Swing Journal (スイングジャーナル) 2006年 12月号 [雑誌]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャズは読むものなのか… 癒しとジャズとバーボンと……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる