癒しとジャズとバーボンと……

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな静かな夜は…(2)

<<   作成日時 : 2006/11/14 03:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 前回、話が横道にそれてしまったので、今回はタイトルに合わせて、ジャズについてです。

 かなり冷え込んできた、今日のような静かな夜には、ピアノのソロを聴きたくなります。
ピアノとなると、名プレーヤー、名演は数限りなく…ですが、あえてミシェル・ペトルチアーニの名前を挙げさせてもらいます。
 彼は、極端に身長が低いというハンディキャップを抱えながら、そんなことは微塵も感じさせない、きらめくような多くの名演を残しました。
 まさに天才。あるいは、とてつもない努力を積み上げた成果かもしれません。

 繊細で、心にしみ入る印象深いアルバムが揃う中で、ライブ盤の「SOLO」。
 いいです。
 ジャズの奥行きを感じるのは、幅広い分野の曲を取り入れた演奏なのかな、と改めて聴きほれてしまう1曲が「ベサメ・ムーチョ」。一人、心静かに耳を傾けると、酒も進みます。

 残念なことに、楽しみにしていた来日公演の直前に、彼はこの世を去りました。
 生の音を聴けなかったことは悔やまれますが、素晴らしい演奏は、アルバムで。

 ペトルチアーニと比較する評論家はいないのかもしれませんが、私が連想するのは、
バリバリの現役、ブラッド・メルドーです。

 彼の来日公演でのこと。本来、トリオの演奏のはずが、ほかのメンバーが参加できなくなり、急きょ、ソロライブに変更になったことがありました。店側は、客に対して詫びるアナウンスを流していましたが、内心「やった!」と思ったのは、私だけではないでしょう。

 身体的なことにこだわるのはよくありませんが、メルドーは長身。その大きな体をかがめるようにして、鍵盤に向かい、つむぎだされる音色は、これまた繊細で、美しく、しびれます。

 メルドーが今後、どのような活動を展開していくのか、注目です。

 
 
 ソロ・ライヴ
ソロ・ライヴ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな静かな夜は…(2) 癒しとジャズとバーボンと……/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる